STAFF

スタッフ紹介

自分らしく挑戦できる、

「やり場」を与えてくれる職場。

2014年入社

がブリチキン。事業部
名駅三丁目店 副店長

山田 紗希さん

大学時代に4年間、居酒屋でバイトをしていたことがきっかけで、飲食業界で働きたいとずっと思っていました。私は大阪出身なので、就職先は地元を中心に広範囲で探していたんですが、ふと目に付いたのが、ブルームダイニングの加藤社長からの「俺に会いに来い!」というメッセージでした。それを見て惹かれて、「一度会ってみたいな」と思い立ち、名古屋で開かれた説明会に参加したんです。

社長はとても熱い人で、社員さんもとても生き生きしていて、キラキラと輝いていました。「私もこんなところで働きたい!」という一心で、受けることにしました。

大きな企業だと組織が成熟しすぎていて、そこに自分が溶け込むように合わせていくイメージだったのですが、こういった地元に根付いた小さな会社だと、成長していく過程に、自分という存在が大きく残せるんじゃないかと思って。仕事をたくさん与えてもらいながら、会社と一緒に成長していけたらいいな、という思いも強かったです。

今は副店長として、ホール・キッチンの双方を担当しています。現在は人材教育にも力を入れています。実際に「伝える」立場になって、改めて人に教えることの難しさを感じています。私の伝え方ひとつで、その人の接客が変わります。私がそのスタッフに関わることにより、その子にとってもお客様にとってもプラスになるような働きかけができるといいなと思っています。

副店長になってから、アルバイトスタッフさんや後輩たちのことを考える時間がとても増え、彼らのちょっとした変化や成長に喜びを感じるようになりました。自分が今まで先輩にしていただいたことを、今度は後輩たちにしていけるよう、常に気を配りながら関わっていきたいと思っています。

飲食業は体力勝負で大変なこともたくさんありますが、店舗のスタッフはみんな歳が近くてとても仲が良く、和気藹々と働いています。みんな、志が高くて、高め合える“同志”ばかり。「お金を稼ぐためだけに働く」というよりも「仲間とともに成長していく場」という感じです。

副店長

入社1年目に「がブリチキン。名駅三丁目店」に配属され、その後、金山店で半年間働いたのち、昨年、またこの店に戻ってきました。入社して丸2年経った今春に副店長になり、現在は店長の補佐役として、事務作業の一部も任せていただいています。店長は名駅西口店の店長も掛け持ちで両店を行き来しているので、店長不在時は店舗責任者として働いています。

現場では、アルバイトスタッフさんの教育はもちろん、新人教育研修、中途採用スタッフの座学研修などにも携わっています。副店長になったと同時に後輩の社員スタッフも入ってきて、以前に比べると責任感は強く持てるようになったと自覚しています。

ブルームダイニングは、がんばった分だけ、信頼して仕事や役職を任せてもらえる環境です。挑戦する場を与えてくれるので、それが自信にもつながります。教育をする立場になって戸惑うこともありましたが、先輩がとても丁寧にサポートしてくださるので安心です。

キャリアアップについて詳しく見る

とにかく接客が大好き。お客様の笑顔が、私の原動力です。ひとりでも多くのお客様に幸せな時間を過ごしていただくために、接客トレーナーとして活躍できる力をつけたい。ここで働くスタッフのため、そしてお客様のために、がブリチキン。の接客レベルをもっと底上げできる存在になります!

ENTRY

マイナビ2019エントリーフォームからご応募ください

応募する