STAFF

スタッフ紹介

ここで自分を磨き上げて、

30歳までに必ず独立します!

2015年入社

ダイニング事業部
GABUCHIKIワイン倶楽部
名駅3丁目店

坪井 拓士さん

僕は北名古屋市出身で、学生時代はバイトで地元の酒屋や居酒屋で働いていました。接客業が好きというのが一番の理由ですが、「お酒に関する仕事を続けていつかは独立したい」と高校生の頃から思っていたので、就職は飲食メインで探していました。

そんなときに見つけたのがブルームダイニングでした。展開店舗一覧を見たら、地元にある「花ちゃ花ちゃ」を発見して、一気に親近感が湧きました。地元で「花ちゃ花ちゃ」みたいなオシャレな居酒屋はなかなかないので、「こんなところで働けたらいいな」と憧れを抱いたのが、応募のきっかけです。

会社のことを調べていくと「がブリチキン。」をはじめ、さまざまな飲食業態をどんどん展開していて、伸び盛りな会社だということを知りました。こういう勢いのある会社で、多くのことを学び得たいという期待も大きかったです。

飲食業は労働時間が長くて休みが少ないなど、キツそうなイメージがあるかもしれませんが、ブルームダイニングは労働環境がとても整っていて、休みもしっかり取れています。ON・OFFをしっかり切り替えることができるので、とても働きやすいです。

現在入社2年目で、1年目はホールが中心でしたが、店舗異動して2年目になってからはキッチンも任せていただけるようになりました。今は、この店の店長になれるように頑張っています。

社員として、アルバイトスタッフさんの教育もしていますが、スタッフの中には、僕よりもキャリアの長いベテランさんもいらっしゃいます。立場関係なく、ここで一緒に働いているスタッフから学ぶこともとても多いですね。

新人さんには、最初にしっかりと向き合い、関わり合って、基礎的な教育をしていけるように心がけています。すべて、僕が新人のときに先輩や上司にしてもらったことの受け売りですが、僕自身、それで大きく成長できたと感じているので、これからは恩返ししていけたらと思っています。

僕はとにかく接客が大好きです。お客様との関わり合いの分だけ、その答えが「ありがとう」という言葉やとびきりの笑顔で返ってくるのが、この仕事のおもしろさだと思っています。接客は、マニュアルがあるようでないので、難しさもありますが、その分、自分の持っている力を存分に発揮出来る場だとも思っています。

一般

入社後、名駅西の「GABUCHIKIワイン食堂」に配属になり、約1年働きました。今年の春に、今働いている「GABUCHIKIワイン倶楽部 名駅3丁目店」へ異動して、半年ほどです。

もともとバーテンダーを志望していたので、ワイン倶楽部への配属は嬉しかったですね。現在は店長候補として、店長の補佐のような仕事もさせてもらっています。いつかは独立したいと強く思っているので、今後店長になり、夢につなげていけるようにがんばりたいです。

この会社で自分が成長できていると感じるのは、やはりいろいろなポジションを任せてもらえること。やり場を与えてもらえて、その後も先輩や上司からしっかりフィードバックがあるので、挑戦を重ねることで成功と失敗を経験し、その中から学ぶことができるので、とても勉強になります。

ブルームダイニングは、独立支援にもとても前向きな、懐の広い会社。「自分の夢を叶える」ことを先に見据えながら、今は自分の店舗をもっとよりよくしていこうと力を注いでいます。

キャリアアップについて詳しく見る

まずは、たくさんの人に頼ってもらえる店長になること。ここで働きたい!という仲間をたくさんつくって、もっと魅力的なお店をつくっていきたい。そして、いつかはここで学んだことをフルに活かして自分のお店をつくりたいです。20代のうちに、必ず独立します!

ENTRY

マイナビ2019エントリーフォームからご応募ください

応募する