STAFF

スタッフ紹介

価値ある店を増やし続けて、

全国に幸せの花を咲かせたい。

2009年入社

がブリチキン。事業部
SV

加藤 秀太さん

僕は一期生なので、入社時は今より小さな会社で、社員も指折り数えるほどしかいませんでした。就活当時、複数の企業から内定をもらっていましたが、なぜかどこもしっくりこなくて。今思えば「大企業のひとつの歯車になる」ことへの疑問や不安みたいなものがあったのかもしれません。

心が動いたのは、合同説明会で聞いた「幸せの花を咲かせる」というブルームダイニングの加藤社長の言葉でしたね。「やり場が人を成長させる」「そんな働く環境をつくっていく」という、社長が語る理念にグッときました。自分も、そんな働き方がしてみたいと感じ、実は飲食業は全くの未経験でしたが、勢いと直感で受けることにしたんです。大企業の歯車のひとつに落ち着くのではなく、会社の発展とともに自分自身も成長していきたいという願望もあったと思います。

社長のカリスマ性やこの会社の強い理念に惹かれて入社しましたが、当時よりも人が増えて事業が拡大した今も、その芯の部分は全くブレていませんし、さらに強固なものになってきていると感じています。会社が大きくなっていくと同時に、自分も大きく成長できていると感じることができ、嬉しいです。

現在は入社9年目で、昨年から念願だった「スーパーバイザー」という役職に就きました。

がブリチキン。は全国に店舗を展開しているため、僕がフランチャイズの店舗をまわって、味や接客サービス、清掃など店舗のチェックをしたり、社内の情報を共有したりと、店舗と本部との架け橋役をしています。現在は名古屋だけでなく、関東や九州も担当し、加盟店オーナーさんや店長さんに向けた勉強会や調理講習会を開催したり、現場でオペレーション指導をしたりと、現場に張り付いて店づくりに励んでいます。

直営店とは少し違い、加盟店舗は社外の方の割合も多く、店長クラスの人たちもさまざまな考えを持っているため、人材育成が難しい側面もあります。しかし、僕も元々は現場で店長として働いていた期間が長かったので、店長さんの気持ちを考えながら、より近い立場でアドバイスをするように心がけています。

昨年開かれた「第10回居酒屋甲子園」では、「名古屋名物味噌とんちゃん屋甚目寺ホルモン」の店長として、全国の優秀店長2名のうちの1名に選んでいただきました。入社したときに憧れだった居酒屋甲子園で名誉ある表彰を受けたことは、とてもいい思い出になり、自信にもつながりました。

SV

入社してからは鉄板やホルモンなど、いろいろな形態の店舗でホールもキッチンも経験しました。

現在はSV(スーパーバイザー)として、加盟店舗の店づくりに励んでいます。入社当初からずっと「コンサルティングの仕事がしてみたい」と志望していたので、これまで現場で積み重ねた知識や経験を生かしてアドバイスができることはとても幸せに思っています。ブルームダイニングは「自分がやりたい仕事」をこうして積極的に任せていただける会社。社長の、仲間に対する熱い想いがこうして伝わってきて、とても嬉しいです。

今後もSVとして、全国各地に価値あるお店をどんどん作っていきたいと思います。

キャリアアップについて詳しく見る

ブルームダイニングにしか作れない店、我が社だからこそできる価値ある店を、全国に広げていきたい。自分自身もこの会社で成長しながら、関わる全ての人が喜びを感じられるような環境をつくり、ここ名古屋から、日本中に幸せの花を咲かせていくことが夢です。

ENTRY

マイナビ2019エントリーフォームからご応募ください

応募する