STAFF

スタッフ紹介

多くの関わり合いの中で、

「人を想う気持ち」を知った。

2006年入社

がブリチキン。事業部
名駅エリア ユニットリーダー

長谷川 貴大さん

学生時代は部活一筋で、就職活動もろくにしていなかったんですが、友人に「面白そうな会社の説明会があるから、一緒に行こう!」と誘われて、事前情報もナシになんとなくついていったのがきっかけでした。当時、飲食業界へ就職するなんて全く考えてなかったのですが、そのときの加藤社長との出会いは僕にとってとても衝撃的でした。今思えば、あのとき説明会で社長の話を聞いて、「熱くてかっこいい人だな」「こんな人になりたい!」と思ったのが、すべての始まりだったと思います。

僕は一期生だったので当時は今ほど社員数も多くなかったため、まだまだ発展途中の小さな会社というイメージがありました。だからこそ、会社と一緒に自分も成長していきたいと強く感じ、入社を決めました。

現在は「がブリチキン。」の名駅三丁目店と名駅西口店の店長を掛け持ちしています。両店のマネジメントや社員教育はもちろん、実際に毎日現場にも入っています。

この会社に入って、「人との関わり合い」の重要性を知りました。学生時代は自分が中心で、周りのことを今ほど見ていなかったような気がします。

店長を任され、人を指導する立場に立ったとき、どうやって人と関わっていけばいいのかと、悩んだこともありました。たとえば誰かが退職してしまっても「きっとあの子が会社に合わなかっただけだろう」と、どこか冷めた気持ちで客観視していた時期もあって。でも、人との関わり合いを重ねる中で、意識や気持ちの矛先が「自分」に向いてきたんです。それから、「自分は最良の関わり合いができていただろうか」と反省し、「相手を大切に想う」ことができるようになったと思います。「人を想う気持ちを大切にすること」を、一緒に働いていたメンバーや、お客様に教えてもらいました。

これも、人の上に立って仕事をする機会が多くあったからこそ。こうして、自分で気づいて変わっていける環境や、挑戦する場を与えてくれた会社に感謝しています。

ユニットリーダー

ホルモン業態、鉄板業態の店でホールやキッチンをいくつか経験し、入社2年目で「鉄板炉端 花ちゃ花ちゃ」で、店長になりました。2年前に、名駅エリアの店舗すべてを総括するユニットリーダーに昇進しました。

人材教育は答えがなく、とても難しいですが、「魅力的な人を育てる」ことが我が社の強みであり、自分の役割だと感じています。現在、ユニットリーダーとなり、さらに任せてもらう仕事も多くなったので、どっしりと責任を感じながらも、自分なりにできることを模索しながら頑張っています。

会社の理念や社長の想いを後輩やアルバイトスタッフへ伝えることで、同じ未来を向いて働けますし、同じ想いで働いてくれる人が育っていくことで、いい店づくりができると信じています。自分自身、現在はリーダーの立場ですが、やはり現場に立つのが一番好きなので、毎日お客様やスタッフと接しながら、さらに良い店づくりに励んでいきたいです。

キャリアアップについて詳しく見る

現在入社9年目。創業当時から大切にしているブルームダイニングの理念や思いを今の後輩たちに語れるのは僕たちだけだと思っています。現場でのサービスや、後輩やスタッフへの教育を通して、今の「がブリチキン。」とブルームダイニングという会社をもっともっと発展させ、幸せの花を咲かせていきたいです。

ENTRY

マイナビ2019エントリーフォームからご応募ください

応募する